言語切り替え

学習計画の立て方(例)

学習計画の立て方(例)

【ステップ1】:映像授業を利用する際に、最も重要な人は「サポーター」です。
子ども達だけではいきなり映像授業を見て勉強することは難しいので、
ボランティアスタッフなど、誰かがまず学習計画を立ててあげる必要があります。

⇩⇩⇩

【ステップ2】:Googleやその他の機能を使って学習計画カレンダーを作ってみましょう。
初めは先生が作り、生徒一人ひとりの勉強ペースが把握出来たら、生徒自らにスケジュールを立ててもらうのも良いでしょう。

 


⇩⇩⇩

【ステップ3】:無料塾や子ども食堂が週1回しかない場合でも、子ども達の勉強をしっかりと把握できると効果的です
学習進捗状況を小まめに確認して、もしスケジュール通り勉強できていたら褒めて、もしスケジュール通りにいかなかった場合も決して怒らず励まして次に繋げましょう。